図表あり

 1 概要

 法人の有する金銭債権の貸倒損失は、法人税基本通達において、①金銭債権が切り捨てられた場合(法律上の貸倒れ)、②金銭債権の全額が回収不能となった場合(事実上の貸倒れ)、③売掛債権(貸付金等を除く)について一定期間取引停止後弁済...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成26年11月17日号

平成26年11月17日号