当社は、破産手続開始の申立ての事実が生じている金銭債権について貸倒引当金として損金算入を考えておりますが、その内容について教えてください。



 貸倒引当金の適用法人としては、一般的には、期末資本金等の額が1億円以下である普通法人...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成29年10月2日号

平成29年10月2日号