2事務年度の相続税調査状況、実地調査件数は52%減も簡易な接触は58%増で過去最多

2021年12月20日 税のしるべ

国税庁は16日、令和2事務年度における相続税の調査状況について公表した。同事務年度の相続税の実地調査件数は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で前年度比52・0%減の5106件と減少し、申告漏れ等の非…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

関連記事

ページの先頭へ