軽減税率はほぼすべての事業者に影響、飲食料品の売上がなくても会議用のお茶などを購入で区分経理が必要

2018年12月17日 税のしるべ

消費税の軽減税率制度は、ほぼすべての事業者に影響がある。例えば、軽減税率の対象となる飲食料品を販売していない会社でも、会議や来客用にお茶を購入したり、顧客へのお土産や、お中元やお歳暮に飲食料品を購入…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

関連記事

ページの先頭へ