3年に1度の固定資産税の評価替えが行われる平成27年度から、最近の資材価格や労務費の上昇等を反映し、家屋の評価額を算定する際に用いる資材や労務費の評点数を引き上げることとなった。新築住宅では固定資産税の上昇要因となる。また、ホテル・旅館に...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成26年5月19日号

平成26年5月19日号