最高裁が審理差戻し、固定資産税の評価巡り現況等を考慮せずに地目を判断は違法

2019年04月15日 税のしるべ

最高裁は9日、自治体の固定資産評価に当たり、商業施設の開発行為に伴い調整池の用に供され、その調整機能を保持することが開発行為の許可条件となっている複数の土地の地目が「宅地」か「池沼」かが争われていた…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

関連記事

ページの先頭へ