標準税率・軽減税率の判定で「飲食設備」がある場合は顧客に利用の意思確認などが必要

2019年05月27日 税のしるべ 図表あり

10月に予定されている消費税率10%への引上げとともに導入される軽減税率制度において、レストランでの食事などいわゆる外食は標準税率となる。コンビニエンスストアなどでの飲食料品の提供においては、イート…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

この記事には図表等があります。図表等の閲覧は 電子ブックビューでお願いします。

関連記事

ページの先頭へ