平成19年に亡くなったA社の代表取締役だった夫(被相続人)の相続で妻(原告)が夫の所有していたA社株を相続し、これを配当還元方式(キーワード参照)で評価して相続税の申告をした。これに対し、所轄税務署が類似業種比準方式で評価すべきであるとし...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成29年9月11日号

平成29年9月11日号