電子版限定「毎日更新、インボイス制度Q&A」編集部編

【Q10】免税事業者が令和5年10月2日以後の日の登録を希望する場合

2023年04月14日 税のしるべ電子版 無料公開コンテンツ

Q10、免税事業者が令和5年10月2日以後の日の登録を希望する場合はどうすればよいですか?

  免税事業者が令和5年10月2日以後の日の登録を希望する場合には、登録申請書に登録希望日を記載する必要があります。なお、令和5年10月2日以後に登録を受ける場合は、令和5年10月1日から登録日前までに行った課税資産の譲渡等についてインボイスを交付することはできないので、この場合の登録日をまたぐ請求書は、登録日前後の課税資産の譲渡等を区分して請求書等に記載するなど、登録日以後の課税資産の譲渡等についてのみインボイスを交付する対応が必要となります。

 なお、免税事業者が登録を受ける場合、登録希望日を記載することができますが、令和5年10月1日に登録を受けることを希望する場合は、登録希望日の記載は不要です。登録希望日が記載できるのは、登録希望日の属する課税期間の基準期間が終了し、登録希望日において免税事業者である事業者に限られます。

 また、令和5年度税制改正によって、免税事業者が令和5年10月1日以降に登録申請を行う場合は、登録申請書に提出日から15日以後の日を「登録希望日」として記載すれば、その登録希望日から登録を受けることができるようになりました。

 参考:財務省「インボイス制度の負担軽減措置のよくある質問とその回答」の問19、21、国税庁[手続名]適格請求書発行事業者の登録申請手続(国内事業者用)

税のしるべの試読・購読のお申し込みはこちら
国税庁3

関連記事

ページの先頭へ