内閣官房が企業版ふるさと納税制度の拡充を要望、実質的な企業負担を4割から1割に

2019年09月16日 税のしるべ

内閣官房は令和2年度税制改正要望で、利用が低迷している企業版ふるさと納税制度について税制優遇措置を拡充することなどを求めた。税額控除割合を現状の3割から2倍に当たる6割に引き上げることで企業の寄附イ…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

関連記事

ページの先頭へ