国税庁がタワマン節税の監視を強化、評基通の見直しも視野

2015年11月09日 税のしるべ 図表あり

高層マンションなどの市場価格と財産評価基本通達(評基通)に基づく相続税評価額との乖離を利用した相続税の節税スキームとされるタワーマンション節税に対し、国税庁が監視の目を強め、適正に対応するよう全国の…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

この記事には図表等があります。図表等の閲覧は 電子ブックビューでお願いします。

関連記事

ページの先頭へ