継体20年秋 大和国磐余の玉穂に宮を移す。継体天皇は大和入りまで相当の年数を要している。
 継体の支援勢力は、大伴、物部、和邇氏などで、蘇我氏は葛城氏傘下にいたが、葛城本家衰退により盟主的存在に成長、主導権掌握後に継体支持に回り、継体の大...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成26年12月8日号

平成26年12月8日号