継体22年12月 磐井の息子の筑紫君葛子は糟屋の屯倉を献上して死罪を免れる。
 筑後風土記では磐井は豊前国に逃げ、南の山の隈で亡くなったとする。
 古事記では、石井が天皇の命に従わず無礼であったので、大伴金村、物部荒甲の2人を遣わし、石井...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成26年12月15日号

平成26年12月15日号