子ども手当創設と扶養控除廃止の影響、96万人が新たに納税者に

2010年03月08日 税のしるべ

子ども手当の創設とそれに伴う年少部分(0~15歳)の1人当たり38万円の扶養控除廃止による影響が明らかになってきた。年少部分の扶養控除廃止によって、課税最低限が下がることにより非納税者から納税者にな…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

関連記事

ページの先頭へ