平成22年度における子ども手当の支給に関する法律案が2月23日、衆院本会議で審議入りした。
 初年度は月額1万3000円を親などに支給するが、23年度以降は満額である2万6000円を支給する。
 法案には、子ども手当を支給する権利は譲り渡...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成22年3月1日号

平成22年3月1日号