判決と裁決「裁判所判決

長崎地裁・監査役退職金訴訟判決 「地位変更は退職」と判断、国が敗訴

2009年09月14日 税のしるべ

会社の代表者の妻が取締役を退任し監査役に就任したことで支給された退職金は、損金算入できないとして所轄税務署が法人税の更正処分などの賦課決定をしていた事案で、長崎地裁(須田啓之裁判長)はこのほど、国の…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

関連記事

ページの先頭へ