電子版限定「速報ニュース

簡易な方法による個別延長、期限延長を許可する旨の通知なし

2022年02月16日 税のしるべ電子版

 国税庁は2月15日、「国税における新型コロナウイルス感染症拡大防止への対応と申告や納税などの当面の税務上の取扱いに関するFAQ」を更新した。同庁では、新型コロナの影響により申告が困難である者について、4月15日までの間、簡易な方法による申告・納付期限の個別延長を申請することができるようにしている。FAQで新たに追加された問答は、期限の個別延長が認められた場合の取扱いで、今回の「簡易な方法による個別延長申請」をした者に対して、期限延長を許可する場合、「災害による申告、納付等の期限延長通知書」の送付等による通知は行わないとした。そのため、「災害による申告、納付等の期限延長申請の却下通知書」の送付がなければ、延長が許可されているとした。今回のFAQ更新は、この取扱いの問答の追加のみとなっている。

 同FAQはこちら

国税庁3

関連記事

ページの先頭へ