評価通達6項を巡り高裁でも納税者敗訴、通達評価額が鑑定評価額の2分の1にも達しておらず金額にして5億円以上も少ない

2021年05月17日 税のしるべ

父親のがん発覚後に不動産を購入し、直後に亡くなった父親の相続で、相続人が同不動産を財産評価基本通達の定め(路線価等)に基づいて評価するとともに、不動産購入に係る借入金を債務として計上して申告したのに…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

関連記事

ページの先頭へ