過去の連載「租税実務の「法化」~税務調査における法的視点

第7回/契約書の内容は締結前に深く検討を、後で「実態」は異なると主張しても通らず

2020年02月17日 税のしるべ

今回は、法的三段論法における小前提である「事実」の認定に関連し、契約書の位置づけについて取り上げる。これまで述べてきたように、当局が更正処分を行うためには、租税法令の定める課税要件事実を充足する必要…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

ページの先頭へ