過去の連載「租税実務の「法化」~税務調査における法的視点

第2回/当局も「訴訟で勝てるか」を厳格にチェック、組織内部で審理部門の役割が大きく

2020年01月13日 税のしるべ

前回は、租税実務の「法化」ということの意味について、筆者の理解を述べた。要点のみ繰り返せば、租税実務の「法化」とは、租税の問題が法的に解決されるようになる傾向が強まったことを意味し、それは、本格的に…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

ページの先頭へ