過去の連載「租税実務の「法化」~税務調査における法的視点」弁護士・東京大学客員教授 佐藤 修二

第3回/税務調査は税理士と弁護士の協働がキー、弁護士意見書で当局が主張の取下げも

2020年01月20日 税のしるべ

前回は、租税訴訟の増加によって、当局が訴訟での勝敗を意識し、税務調査においても法的側面を重視するようになったことを述べた。今回は、そのような当局に対峙する納税者側の専門家は、どのように税務調査に対応…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

ページの先頭へ