過去の連載「温故知新~江戸時代における幕府の財政事情」税理士・菅原 亮一

第31回/田沼意次の対外政策、北の大地に向けられた眼差し

2019年08月19日 税のしるべ

田沼意次は、外国との貿易を黒字化させて国内の金保有量を高め、蝦夷地(北海道)を開拓し、更にはロシア帝国との貿易も行おうとしていたようです。 海舶互市新例を緩和するなど鎖国政策を緩めて長崎貿易を奨励…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

ページの先頭へ