過去の連載「温故知新~江戸時代における幕府の財政事情」税理士・菅原 亮一

第8回/幕府財政窮乏の端緒、生まれながらの将軍徳川家光

2019年02月25日 税のしるべ

三代将軍家光は、寛永9年(1632)1月に大御所秀忠が死去すると、「余は生まれながらの将軍で、諸大名は家臣である」と宣言し、実の弟の駿河大納言忠長を改易して寛永10年(1633)に切腹を命じたほか、…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

ページの先頭へ