過去の連載「温故知新~江戸時代における幕府の財政事情」税理士・菅原 亮一

第9回/浪費と天災がもたらすもの、三代続いた武断政治の限界

2019年03月04日 税のしるべ

家光の浪費を貨幣経済という観点から見ると、実は大いにプラスに働いたと考えられています。 家康から家光の時代にかけて三貨制度を確立することにより、本格的な貨幣経済社会に突入していくわけですが、家光が浪…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

ページの先頭へ