過去の連載「温故知新~江戸時代における幕府の財政事情」税理士・菅原 亮一

第7回/鎖国と呼ばれる対外政策、国際社会からの孤立ではなかった

2019年02月18日 税のしるべ

鎖国とは、キリスト教国の人の来航及び日本人の東南アジア方面への出入国を禁止し、貿易を統制、管理した対外政策であると理解されており、一般的には、寛永16年(1639)のポルトガル船入港禁止から、嘉永7…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

ページの先頭へ