住宅を活用して宿泊サービスを提供する民泊の拡大に対応し、必要な法整備を行った住宅宿泊事業法(民泊新法)が15日に施行される。住宅を利用する場合であっても有償で繰り返し宿泊所として提供する民泊を行うことは基本的に旅館業に当たるとされている。...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成30年6月11日号

平成30年6月11日号