図表あり

 平成30年度税制改正では、個人が所有する重要文化財等の美術品について、国から保存活用計画の認定を受け、一定の美術館に寄託・公開した場合、その美術品に係る相続税の納税猶予制度が創設される。文化庁によると、29年5月時点で個人が所有する重要文...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成30年3月26日号

平成30年3月26日号