所得税法上の「居住者」は所得税法2条の「国内に住所を有し、又は現在まで引き続いて一年以上居所を有する個人」に当たるかどうかで判定がなされる。国税庁ホームページにあるタックスアンサーをみると、この「住所」は「個人の生活の本拠」をいい、「生活...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成29年11月27日号

平成29年11月27日号