過去の連載「同族会社を巡る税務争訟」税理士・林仲宣

第9回/貸倒損失の計上時期、破産手続の終結時点ではなく死亡時に損金算入は経営判断

2017年06月05日 税のしるべ

≪判決のポイント≫ 売上金や貸付金が焦げ付いてしまい回収不能が生じることがある。税務の取扱いでは、(1)法的手続きにより金銭債権が切り捨てられた場合、(2)債務者の資産状況、支払能力から金銭債権の…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

ページの先頭へ