図表あり

 企業や個人のタックス・ヘイブン(租税回避地)の利用の一端を明らかにした「パナマ文書」の流出を受けて、国際的な租税回避行為に注目が集まっている。時あたかも、OECD租税委員会では、多国籍企業の租税回避を防ぐため、BEPS(税源浸食と利益移転...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成28年8月8日号

平成28年8月8日号