タックス・プランニングの義務的開示制度の導入は今後検討、諸外国では導入済みの国も

2016年03月07日 税のしるべ

OECD租税委員会がまとめたBEPS行動計画に伴い、平成28年度税制改正では、多国籍企業による租税回避を防止するため、その企業情報の報告等に係る規定を整備することとなったが、行動計画の中には、いまだ…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

関連記事

ページの先頭へ