過去の連載「今だから知っておきたい相続税の基礎」税理士・樋之口猛

第7回/無効となる遺言書に注意、開封の際は検認が必要な場合も

2015年05月25日 税のしるべ

第7回目は遺言書がある場合について解説します。なお、遺言書はその内容や形式によって無効となるものがあるので注意が必要になります。 (1)無効になる主な事項 ①他人(代理人含む)の意思意向が介入し…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

関連記事

ページの先頭へ