男大迹王は応神5世の孫とされる。応神天皇の皇子の若野毛二股王の子孫で、父の彦主人王は高島郡に所在したとされる(父王の時代に琵琶湖東岸経済基盤の高島郡に移ったとする見解がある)。
 5世の孫ということで大王家からはかなりの遠縁となる。
 当...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成26年11月24日号

平成26年11月24日号