13 武烈天皇

 小泊瀬稚鷦鷯天皇。
 法令をよく知り、罪人の理非を判定、無実の罪を明らかにし、朝から日が暮れるまで政事をしたと記し、その後に、しきりに悪事を行い、一つも良いことを修められず、極刑を親しくご覧になったと記す。武烈は、妊婦の...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成26年11月17日号

平成26年11月17日号