図表あり

 法人が資産の譲渡や役務の提供等を行う場合には、適正な時価で取引されたものとして法人税法上の課税所得が計算されることとなります。
 したがって、対価を収受しない「無償取引」や対価が適正な時価よりも低い「低額取引」に該当した場合には、適正な時...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成26年8月11日号

平成26年8月11日号