東日本大震災の発生を受け中小企業庁は、小規模企業共済制度の運用改善を図り、資金繰り支援を強化することとしている。具体的には、共済契約者本人が被災し、生死などが不明である場合に、「本人に次いで共済金の支給を受ける権利を有する者(配偶者、子、...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成23年5月23日号

平成23年5月23日号