過去の連載「温故知新~江戸時代における幕府の財政事情」税理士・菅原 亮一

第37回/旗本、御家人の借金事情、札差と猿町会所

2019年10月07日 税のしるべ

江戸時代中期以降、武士は生活が困窮するにつれ高利で多額の借金をするようになりました。知行取りの旗本は、知行地に借金を頼むことが多く、知行地側では、納めるべき年貢から借金分を引いて収めれば確実に借金を…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

ページの先頭へ