30年度に国税庁が外国当局に行った徴収共助の要請は13件

2019年08月26日 税のしるべ

国税庁は、滞納者の資産が租税条約の締約国にある場合、相手国の税務当局へ徴収を要請することができる徴収共助制度を活用し、税収の確保に努めている。 平成30年度に同庁が租税条約締結国に徴収共助の要請をし…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

関連記事

ページの先頭へ