過去の連載「法人税実務における基本指標~役員給与・寄附金・交際費編

第5回/過大役員給与の判断は同業類似法人と比較、民間統計データ等から適正額の把握を

2019年07月29日 税のしるべ

定期同額給与や事前確定届出給与のルールに準拠して役員給与を支給する限りは損金算入となります。しかし、その役員給与額が不相当に過大だと判断されれば、損金不算入となります。その判断基準は次の2つとなり、…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

ページの先頭へ