過去の連載「温故知新~江戸時代における幕府の財政事情」税理士・菅原 亮一

第13回/財政の逼迫と金遣い経済、米本位制の限界とその影響

2019年04月01日 税のしるべ

綱吉が家綱から引き継いだ遺産は100万両に欠けていたと考えられますが、金蔵の金銀は、相変わらず1年に約10万両のペースで減っていたようです。 綱吉の治世後半、元禄時代(1688~1704)は、絢爛豪…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

ページの先頭へ