貨幣経済の発達に伴い、江戸は100万都市に、京都と大阪は30万人規模の都市に発展し、各地の城下町も繁栄して、町人の経済力が高まり、華美な生活と遊興娯楽の余裕を生み、商業都市の大阪の町人を中心に上方に清新な文化が花開きました。五代将軍徳川綱吉の元禄年間(1688~1704)が最盛期であるため「元禄文化」といわれます。担い手となった商人の自由で合理的な気風を反映して、華麗で人間味豊かな文化であったようです。
 この頃、義太夫節の始祖である竹本義太夫が、自らの義太夫節と三味線の演奏に合わせて人形を操る人形浄瑠璃を完成させました。歌舞伎は、浄瑠璃とともに町人の娯楽として発達し、江戸は荒事、上方は和事のジャンルを生んで、京都に初代坂田藤十郎、江戸に初代市川団十郎らの名優が人気を得ました。劇作者の近松門左衛門は、町人や武士の社会の義理と人情のしがらみに生きる人々を描き、浄瑠璃では「曽根崎心中」などの世話物、歌舞伎では時代物の名作を残しています。
 松永貞徳により形式が整えられた俳諧は、西山宗因を経て、松尾芭蕉が紀行作品の代表的存在「奥の細道」に著わし、蕉風俳諧を完成させました。
 浮世草子の「日本永代蔵」や「世間胸算用」を著わした井原西鶴は、町人や武士の生活を人間味溢れる筆致で描きました。木版技術と出版流通システムの確立により、一般庶民が書籍を手にできるようになったのもこの時代です。また、経済的に余裕を持った町人が自己教育や自己鍛練の必要性を感じ、寺子屋の発達を促しました。
 絵画では、俵屋宗達が始めた装飾画を元禄期に尾形光琳が大成し、狩野探幽は幕府の御用絵師として活躍しました。工芸では、野々村仁清、尾形乾山らが出てすぐれた焼き物などを生み出し、酒井田柿右衛門が有田焼に傑作を残しています。宮崎友禅が考案した友禅染は、大いに流行り、浮世絵を確立した菱川師宣らの木版画も庶民に愛されました。
 学問の世界では、朱子学に山崎闇斎、本草学者であった貝原益軒、室鳩巣、新井白石らが、古学に山鹿素行、荻生徂徠、太宰春台らが、陽明学に熊沢蕃山らが現れました。我が国独自の文化、思想や精神世界を探求する国学では、契沖、荷田春満、賀茂真淵、本居宣長らが出て国学発展の基礎を作りました。
 稲作儀礼を中心にした生活暦による行事と、中国の暦法による行事との習合で形成された年中行事の節分、花見、月見や節句などが一般化した時代でもありました。

平成31年4月8日号

平成31年4月8日号