図表あり

 平成30年度税制改正では、一般社団法人と一般財団法人(一般社団法人等)に財産の贈与または遺贈があった場合、こうした贈与等によって贈与等をした者の親族などの贈与税や相続税の負担が不当に減少する結果になると認められるときは、法人を個人とみなし...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成30年7月23日号

平成30年7月23日号