図表あり

 相続税の課税最低限の引き下げにより課税対象が拡大したことから、その相続税の納付方法についても、各相続人別にその相続財産の取得状況及び固有の資金状況を踏まえ検討する必要があります。
 相続税の納付方法としては、現金納付、延納、物納という納付...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成29年5月8日号

平成29年5月8日号