過去の連載「どさんこのルーツを求めて」苗字研究家・岸本良信

第145回/埼玉①、斎宮の「斎」、藤原の「藤」で「斎藤」

2015年04月27日 税のしるべ

埼玉県は東京のベッドタウンとして発達してきたため、東京に一番近い田舎というイメージがある。そこから「ださい(たま)」という言葉まで生まれた。同じ立地の千葉県民に対しては微妙に対抗意識がある。埼玉都民…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

ページの先頭へ