福岡地裁は、ある刑事事件の裁判において、法人税法違反罪に問われた元税務署長で税理士であった被告人に懲役2年6月、執行猶予5年の判決を言い渡した。同裁判において、裁判長は、「脱税額は高額で、納税義務に著しく反する重大事案。計画的で悪質」と指...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成26年12月15日号

平成26年12月15日号