政府は、今年4月に建設業で外国人労働者の受入れを拡大する緊急処置を閣議決定したことを受けて、8月には外国人建設就労者受入事業に関する告示を公示した。外国人が対象となる技能実習制度を実質的に拡充し、受入れ期間を2年間延ばして最長5年間にする...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成26年12月1日号

平成26年12月1日号