仁徳没後、履中は即位前に黒媛を妃としようとして同母弟の住吉仲皇子を遣わした処、仲皇子は命令に背き黒媛を犯し、太子を弑そうとして太子の宮を囲み、宮を焼くが、太子は平群木莵宿弥などの助けで、石上の振神宮に逃れた。そこへ瑞歯別(後の反正天皇)が...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成26年10月13日号

平成26年10月13日号