租税法には、「事業」と「業務」の違いについて意識せざるを得ない場面が少なくない。
 他方、「業務として行う事業」という二つを使用した規定もしばしば散見される(消法12の3(1)等)。例えば、消費税法60条≪国、地方公共団体等に対する特例≫...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成26年10月13日号

平成26年10月13日号