裁判例からみる消費税法
池本征男著

 消費税法が創設され四半世紀が過ぎた今日、多数の裁判例があるが、その中には、課税実務の取扱いを否定するものや、合理性を認めながらも適用が妥当でないとするものなども少なくない。
 本書は、課税実務上の指針となる重要な裁判例を数多く収録し、実際の裁判で示された当事者の主張や裁判所の判断を通じて消費税法を理論的・体系的に解説している。税の専門家だけでなく、大学等で租税法を学ぶ学生にもお勧めしたい。
 A5判、352ページ。定価(本体2315円+税)。申し込みは、(財)大蔵財務協会販売局(℡03―3265―4141、FAX03―3264―0524)。

平成26年5月19日号

平成26年5月19日号