乱の結果、邪馬台国連合の力は近畿中枢部、瀬戸内沿岸、北部九州に及び、邪馬台国連合の盟主は外交権と原料鉄や先進文物を入手、分配する権限を掌握するに到ったと考える。
 実権の移動を証するものは中国鏡で、1~2世紀には北部九州に集中していたが、...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成26年3月10日号

平成26年3月10日号